便利な出会いアプリの落とし穴?援助交際と出会いアプリの関係

あなたは出会いアプリを使って異性と出会ったことはありますか。
ひと昔であれば、出会い系サイトや出会い掲示板が一般的でしたが、スマートフォンの普及に伴い、今はアプリに移行してきています。
しかしその出会いアプリを通して、多くの援助交際へのきっかけをつくってしまっています。
今回はその出会いアプリと援助交際の関係について紹介します。

スマートフォンの普及で簡単に出会えるようになってしまった

あなたは出会いアプリと援助交際の関係と聞いてどのようなことをイメージしますか。
顔や素性がわからない相手とアプリを通して、出会って援助交際へと発展していくというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。
実際にそのイメージ通りで、現在若い世代の人たちがスマートフォンを持つようになり、一番若い世代で言えば、小学生からスマートフォンを持っていることもあり、援助交際をすることができてしまう状況になってしまっています。
それに加え、SNSの広がりもあり、個人情報などが簡単に手に入るようになってしまいました。

利便性の高さが援助交際を加速させている

そのアプリの内容や使い方というのは、従来の出会い系サイトと出会い掲示板の良いところを集め、課題点だった部分を克服したとても使いやすい作りになっています。
実際に使ってみると、自分の性別、生年月日を登録して、居住地域を入れるだけですぐに相手を探すことが可能で、昔のように時間をかけずに、ターゲットを検索することができます。
自分の住んでいる地域に住んでいる人、年齢や顔などがすぐに検索し、すぐに相手と絡むことができるようになりました。
そのため、これをうまく利用した悪い大人たちが若い女の子たちを餌食にするということが多く発生してきました。
手軽且つ簡単にできることもあってその被害はなかなか減っていけません。
実際に援助交際にうまく使われてしまったりしてしまうことも多く、その落とし穴にはまってしまう若い女の子が後を絶ちません。

もしあなたがアプリを援交 アプリとして利用する場合は、この落とし穴に引っかからないよう注意してください。